1. GMOアップカプセル ホーム
  2. GMOアップカプセル・ラボ
  3. アプリ&o2o市場情報
  4. アマゾンが「レジ係がいないコンビニ」をアメリカ・シアトルにオープン!
アプリ&o2o市場情報

アマゾンが「レジ係がいないコンビニ」をアメリカ・シアトルにオープン!

のイメージ
アメリカのアマゾン・ドット・コムは、レジがないAIコンビニ「Amazon Go」を2018年1月22日にアメリカ・シアトルで一般向けに開業しました。 最先端の画像認識技術や人工知能(AI)技術などを駆使し、レジの完全撤去を実現しています。レジでの支払いがないので、会計待ちの列がレジ前に出来ることもありません。

「Amazon Go」ならレジ待ち不要!レジなんてもういらない!?

あらかじめスマホに専用アプリをダウンロードしておき、画面に表示されたQRコードを入り口付近のゲートにかざして入店します。その後、欲しい商品をとってそのまま自分のバッグ、または店内にあるショッピングバッグに入れるなどして、そのまま外に出るだけでお買い物は完了です。料金の精算は店外に出ると自動的に会計が済んでいる、という仕組みになります。

なお、手に取った商品はスマホ上に全て表示されており、もし会計内容が間違っている場合は削除することができます。エラーなどに気づいた場合や、商品に満足しなかった場合は、Amazon Goアプリ内で「refund(払い戻し)」ボタンを押すことで返品を行うことができます。しかも、商品の返品は必ずしも行わなくても良いとのこと。

どうやってレジ係なしで店を運営している?

100台以上のカメラが棚の中のセンサーと連携し、客が陳列棚から商品を取ると、客のアマゾンアカウントの「カート」の中に自動的に入り、商品を棚に戻せばシステム上でも連動し、「カート」から消えます。このように、追跡・把握できるようになっているとのことです。

これまでの小売業のあり方を変えてしまう技術

この技術が世の中に普及することで、コンビニなど小売店のレジスタッフは必要なくなるかもしれません。特に日本では商事高齢化や人口減少の著しい地域などで導入することで、小売業界の慢性的な人手不足を解消できる切り札となるかもしれません。また、都心などの人口密集地域でも、レジの待ち時間がなくなるので、ストレス無く買い物ができるといった点が利点になりそうです。
ですが、便利になる一方、働き手が無くなる、AIに仕事を奪われると考える人や労働組合にとっては脅威と感じるかもしれません。また、ライバル小売業者にとっても同様です。メリットとデメリット、ともに含んでいるが、どのように棲み分けしていくかが気になるところです。
===================================
アップカプセルラボを運用している「GMOアップカプセル」は、
店舗や施設などの集客や販促活動を
アプリ作成&コンサルティングでサポートしています。

「アプリが欲しい!」「こんなことできる?」など、
少しでもご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。
===================================
 


こちらの記事が役立ったら「いいね」をしてね!
 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【GMOアップカプセル】:https://アップカプセル.com/
【GMOアップカプセルPRO】:https://アップカプセル.com/pro/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー