1. GMOアップカプセル ホーム
  2. GMOアップカプセル・ラボ
  3. アプリ&o2o市場情報
  4. ヤフーのアプリ「Yahoo! JAPAN」にて、実店舗でのQRコード決済サービスを開始
アプリ&o2o市場情報

ヤフーのアプリ「Yahoo! JAPAN」にて、実店舗でのQRコード決済サービスを開始

のイメージ
ヤフー株式会社(以下ヤフー)は、自社が提供する「Yahoo! JAPAN」アプリにてバーコード(1次元バーコード、QRコード)を表示し、店舗の端末やレジに提示することで決済できる消費者提示型のバーコード決済サービス『コード支払い』の提供を開始しました。 さらに今秋には、店舗側の提示するQRコードをユーザーが「Yahoo! JAPAN」アプリで読み取って決済する店舗提示型のQRコード決済サービス『読み取り支払い』の提供も予定しています。

「Yahoo!ウォレット」の新機能

『コード支払い』は、決済サービス「Yahoo!ウォレット」の新機能で、「Yahoo! JAPAN」アプリから利用が可能です。支払い方法は、あらかじめ登録したクレジットカードによる支払いと、コンビニエンスストアや銀行口座などからチャージした「Yahoo!マネー(電子マネー)」による支払いの2種類から選択可能です。ユーザーは、ヤフーのマークがある店舗で、「Yahoo! JAPAN」アプリのユーザー専用のバーコードを提示することで決済が完了します。
また、支払い金額に応じて200円(税込)につき1ポイントのTポイントが付与されます。

https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2018/06/05a/

特許技術による『読み取り支払い』も提供予定

店舗側が提示するQRコードをユーザーが「Yahoo! JAPAN」アプリで読み取って決済する、店舗提示型の『読み取り支払い』の提供を2018年秋に開始する予定しています。
このサービスでは、Yahoo! JAPANが保有する特許技術を用いて、ユーザーが任意の金額を入力して決済できる仕組みを採用し、どのような商品・サービスの購入にも店舗ごとに一つのQRコードで対応できるようにするとのこと。これにより、加盟店は特別な設備投資を必要とせず、QRコードを店頭に掲示するだけで簡単に導入できるため、小規模な店舗でも取り入れやすいサービスになっているようです。

今後もQRコード決済による潮流は作れるのか?

QRコード決済は、楽天やLINE、NTTドコモなど大手企業でも続々と導入が行われており、さらに2019年中には、三菱東京UFJ、三井住友、みずほの国内3メガバンクも導入する予定と、今日本で注目を集めています。なぜ、QRコード方式がここまで選ばれているかというと、デバイスを選ばずに決済が行えるという利点があるからです。決済手段の簡素化という意味でも、さらにインバウンド顧客の決済といった面でも大いに注目されています。
今回、巨大プラットフォームであるYahoo! JAPANが、QRコード決済システムを導入したことは、大きな意義があり、特に先程紹介した『読み取り支払い』は、小規模な店舗でも導入が可能となるので、QRコード決済を社会に広げることへも寄与することが考えられます。エコシステムたる電子マネーの勢力図の今後を含め、さらなる展開から目が離せませんね。
===================================
アップカプセルラボを運用している「GMOアップカプセル」は、
店舗や施設などの集客や販促活動を
アプリ作成&コンサルティングでサポートしています。

「アプリが欲しい!」「こんなことできる?」など、
少しでもご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。
===================================
 


こちらの記事が役立ったら「いいね」をしてね!
 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【GMOアップカプセル】:https://アップカプセル.com/
【GMOアップカプセルPRO】:https://アップカプセル.com/pro/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー