1. GMOアップカプセル ホーム
  2. GMOアップカプセル・ラボ
  3. アプリ&o2o市場情報
  4. Uber Eatsが京都・神戸に進出、7月下旬よりサービス開始
アプリ&o2o市場情報

Uber Eatsが京都・神戸に進出、7月下旬よりサービス開始

のイメージ
アメリカ発のフードデリバリーサービス「Uber Eats」の提供エリアを、京都市と神戸市の2都市に拡大すると発表しました。京都市の一部地域で7月25日から、神戸市の一部地域では7月31日から提供をスタートします。

そもそもUber Eatsとは?

Uber Eatsとは2015年12月に開始した、世界35カ国200以上の都市で展開するデリバリーサービスです。飲食店(レストランパートナー)の宅配メニューをスマートフォンアプリにて注文し、配達は飲食店の従業員ではなく、配達パートナーとして登録した人の中から対応可能な人をマッチングします。日本では2016年9月よりサービスを開始しました。当初は東京の一部エリア限定のリリースでしたが、2017年12月には東京23区全域と横浜市の7区の一部地域、2018年4月からは大阪市の12区の一部地域、5月からは川崎市の一部地域までサービスを拡大しました。

今回サービスが開始される京都・神戸エリアの詳細

今回サービスが開始されるエリアは、京都市では上京区、中京区、下京区、東山区の4区を含む一部地域。レストランパートナー数は100以上、登録配達パートナー数は200名
以上となっています。神戸市では、中央区、兵庫区、灘区の3区を含む一部地域。レストランと登録配達パートナーはそれぞれ100以上、100名となっています。

利用には、注文したメニューの代金に加え、配送手数料が380円(税込)かかりますが、8月31日までの期間は、両エリアにおいて、配送手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。営業時間はレストランパートナーによって異なるが、通常は午前9時~翌日午前0時までとなっています。

どのような店舗が参加するのか

参加するレストランパートナーはいずれの地域も個性豊かな店舗となっています。京都では「ORENO PAN okumura」や「鳴海餅」などの歴史と季節を感じさせる地元の老舗、神戸では「イスズベーカリー」や「Belle Table」などの洋菓子やパン、洋食や中華など国際色豊かなレストランが多く参加しています。

最後に

Uber Eatsが日本に上陸しサービスを開始して以降、急速に市場が拡大しています。急速に進む高齢化社会、生涯未婚率の上昇など社会的背景もフードデリバリー市場の拡大を後押ししています。今後も、フードデリバリー業界から目が離せませんね。
===================================
アップカプセルラボを運用している「GMOアップカプセル」は、
店舗や施設などの集客や販促活動を
アプリ作成&コンサルティングでサポートしています。

「アプリが欲しい!」「こんなことできる?」など、
少しでもご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。
===================================
 


こちらの記事が役立ったら「いいね」をしてね!
 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【GMOアップカプセル】:https://アップカプセル.com/
【GMOアップカプセルPRO】:https://アップカプセル.com/pro/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー