1. GMOアップカプセル ホーム
  2. GMOアップカプセル・ラボ
  3. アプリ&o2o市場情報
  4. JAL、検査場の待ち時間案内などをスマホで確認できる実証実験を羽田空港にて実施!
アプリ&o2o市場情報

JAL、検査場の待ち時間案内などをスマホで確認できる実証実験を羽田空港にて実施!

のイメージ
日本航空(JAL)は、スマートフォンアプリとデジタルサイネージを組み合わせ、空港のアナウンス内容や保安検査場の待ち時間などをスマートフォンで確認できるようにする実証実験を、7月20日から8月17日の期間、羽田空港にて実施しています。

どういう仕組みか?

パナソニックシステムソリューションズジャパン株式会社の協力のもと、パナソニックの新技術「光ID」を用いて情報を伝える「LinkRay」アプリと、ヤマハが提供する音のICT化技術「SoundUD」を用いて情報を伝える「おもてなしガイド」アプリを用いて行われ
ています。光と音の新技術を活用してアナウンスの内容を文字化し、さらに手荷物受託方法や保安検査場の待ち時間などその他の付加情報を一般に提供します。また、音声情報を広く遠くまではっきりと届けることができる「ミライスピーカー」から出力された音声トリガーによって、複数台のデジタルサイネージの表示内容を同時に変更することができるため、空港スタッフの案内業務が効率的に行えるようになるとのことです。
「LinkRay」は、光IDに対応したデジタルサイネージや証明から情報を受け取ることができるアプリであり、このアプリをダウンロードし、手荷物受託カウンター前に設置されたデジタルサイネージにスマートフォンをかざすと、手持ちのスマートフォンで手荷物の受託方法や保安検査場の待ち時間案内などが確認できます。
「おもてなしガイド」は、SoundUDに対応したアナウンスに連動して、スマートフォン上で多言語の情報を取得することができるアプリであり、このアプリをダウンロードすると、SoundUDに対応したアナウンスの内容が多言語の文字情報として、手持ちのスマートフォンで確認できます。
実証実験は、7月20日から8月17日の期間、羽田空港国内線第1旅客ターミナル南ウイングJAL手荷物受託カウンターにて実施します。

最後に

JALは、今回の実証実験を通して、空港の利用者へストレスフリーなサービスを提供し、すべての人にとってやさしい社会づくりにしていくとのことです。待ち時間の間、何かしらしていてアナウンスなど聞き逃した経験がある方にとっては、保安検査場の待ち時間など、さまざまな付加情報をスマートフォンで確認できるのはなかなか便利そうですね。
===================================
アップカプセルラボを運用している「GMOアップカプセル」は、
店舗や施設などの集客や販促活動を
アプリ作成&コンサルティングでサポートしています。

「アプリが欲しい!」「こんなことできる?」など、
少しでもご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。
===================================
 


こちらの記事が役立ったら「いいね」をしてね!
 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【GMOアップカプセル】:https://アップカプセル.com/
【GMOアップカプセルPRO】:https://アップカプセル.com/pro/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー