1. GMOアップカプセル ホーム
  2. GMOアップカプセル・ラボ
  3. アプリ&o2o市場情報
  4. ローソンが店舗のどこでも決済ができるアプリ「ローソンスマペイ」の実証実験店を100店舗に導入
アプリ&o2o市場情報

ローソンが店舗のどこでも決済ができるアプリ「ローソンスマペイ」の実証実験店を100店舗に導入

のイメージ
株式会社ローソンは、2018年4月より店内ならどこでも決済が可能になるスマートフォン専用アプリを使用したセルフ決済サービス「ローソンスマホペイ」の実証実験を開始し、現在3店舗で導入しています。今回、9月以降に順次実施店舗を拡大し、2018年度内に大都市圏を中心に100店舗に導入する予定であることを発表しました。

店内でスマホを使ってセルフ決済

ローソンスマホペイは、スマートフォンに事前にローソン公式アプリをダウンロードし、ユーザー自身が商品バーコードをスマホのカメラで読み取ることで、店内のどこでも決済できるサービスです。今年4月より、混雑時のレジ待ちにおけるユーザーのストレス軽減と店舗でのレジ対応の省人化による生産性向上を目的に都内3店舗で実証実験を開始し、利用状況などの検証を行ってきました。

レジ決済に比べて約4分の1に短縮

実験店舗での時間帯別スマホペイ売上高は、朝の時間帯(7時~9時)で約3割、昼の時間帯(11時~12時)で約4割、利用者層は30~40代の男性が約6割となっていたようです(晴海トリトン、ゲートシティ大崎、TOC大崎における2018年7月13日~8月13日の合計値)。

また、スマホペイ利用時の混雑時の入店から退店までの時間は約1分で、レジで決済をする場合に比べて約4分の1に短縮されていたとのことです。購入頻度の高い商品は、ソフトドリンクや店内淹れたてコーヒー、おにぎりでした。ローソンスマホペイ導入による商品ロスの発生は少ないことも判明したようです(いずれもゲートシティ大崎店での検証)。

■「ローソンスマホペイ」の現在の導入店舗と今後の予定
店舗名導入時期営業時間住所
ローソン晴海トリトンスクエア店2018年4月24時間東京都中央区晴海1-8-16
晴海トリトンスクエア2F
ローソンTOC大崎店
※ローソン大井店から変更
2018年7月24時間東京都品川区大崎1-6-1
ローソンゲートシティ大崎店2018年4月7:00~22:00東京都品川区大崎1-11-2
ゲートシティ大崎イースト1F
ローソン フジテレビ店2018年9月中旬予定24時間東京都港区台場2-4-8
ローソン JEBL秋葉原スクエア店2018年10月上旬予定24時間東京都千代田区神田練塀町85

さらなるサービス拡充に期待

コンビニやスーパーでは、セルフレジなどを導入する動きが見られるようになってきました。そうすることで、レジでの待ち時間短縮やレジ要因の人件費や負担の軽減なども可能となります。

今後はお客様がより便利にストレスなく買い物できるよう、朝や昼の時間帯に混雑する大都市圏の店舗を中心に導入店舗を拡大し、11月にはローソンスマホペイのアプリを更新も予定しており、お客にとってより使いやすく便利なサービス拡充を図る方針とのことです。

参照元:https://www.lawson.co.jp/company/news/detail/1341584_2504.html
===================================
アップカプセルラボを運用している「GMOアップカプセル」は、
店舗や施設などの集客や販促活動を
アプリ作成&コンサルティングでサポートしています。

「アプリが欲しい!」「こんなことできる?」など、
少しでもご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。
===================================
 


こちらの記事が役立ったら「いいね」をしてね!
 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【GMOアップカプセル】:https://アップカプセル.com/
【GMOアップカプセルPRO】:https://アップカプセル.com/pro/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー