1. GMOアップカプセル ホーム
  2. GMOアップカプセル・ラボ
  3. アプリ&o2o市場情報
  4. ゴディバがスマホで買って店舗で利用可能なデジタルギフトカードを発売
アプリ&o2o市場情報

ゴディバがスマホで買って店舗で利用可能なデジタルギフトカードを発売

のイメージ
チョコレートブランド「GODIVA(ゴディバ)」の輸入販売を手がけるゴディバジャパンが、9月3日にスマートフォンで購入して店頭で利用できるデジタル型の「Eギフト」と、プラスチック型のギフトカード「ゴディバ ギフトカード」の販売をスタートしました。

使用方法

デジタル型の「Eギフト」は、株式会社ギフティが運用するeギフトサービス「giftee」のWebサイトおよびスマートフォンアプリで購入可能で、「1,000円券」「2,000円券」の2種類となります。
デジタルギフトを贈りたいユーザーは、「giftee」で贈りたい物を選択して決済した後、発行されたデジタルギフトのURLを、贈りたい相手に送付します。URLを受け取った相手は、国内約200店舗にて、スマートフォンなどの携帯端末上でURLをクリックしてデジタルギフトを表示し、商品と交換が可能です。「Eギフト」の場合は、店舗にある決済端末で読み取ることで、リアルタイムに決済が可能となります。

「ゴディバ ギフトカード」は残高をサーバで管理するプラスチック製のカードです。「3,000円券」「5000円券」の2種類となります。こちらも店舗の決済端末で読み取ることでリアルタイム決済が可能です。

決済端末は富士通マーケティングらが提供

ゴディバジャパンが発売するデジタル型「Eギフト」とプラスチック型「ギフトカード」の決済端末は、富士通マーケティングと富士通エフ・アイ・ピーが提供しており、「FUJITSU リテイルソリューション サーバ管理型電子マネーサービス」と「運用支援サービス」をゴディバに導入しました。

「サーバ管理型電子マネーサービス」 は、ギフトカードやハウス電子マネー(自社型の電子マネー)の残高管理を行うリアルタイムプロセッシングサービスで、既に150社を越える企業に導入されています。

「運用支援サービス」は、ギフトマネー用決済端末の操作やカードステイタスの確認などの問い合わせ対応をはじめ、決済端末の読み取りエラーなどが起きた際に、ヘルプデスクから管理画面を確認して店舗のトラブル対応支援を行うなど、店舗の決済端末に関する負荷軽減を実現するサービスとなっています。
これらのサービスは、決済端末とサーバ間で直接通信することにより、POSレジ改修など大規模な設備投資を行う必要がなく導入が可能とのことです。

参照元:http://www.fujitsu.com/jp/group/fjm/resources/news/press-releases/2018/180903.html
===================================
アップカプセルラボを運用している「GMOアップカプセル」は、
店舗や施設などの集客や販促活動を
アプリ作成&コンサルティングでサポートしています。

「アプリが欲しい!」「こんなことできる?」など、
少しでもご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。
===================================
 


こちらの記事が役立ったら「いいね」をしてね!
 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【GMOアップカプセル】:https://アップカプセル.com/
【GMOアップカプセルPRO】:https://アップカプセル.com/pro/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー