1. GMOアップカプセル ホーム
  2. GMOアップカプセル・ラボ
  3. アプリ&o2o市場情報
  4. 旅行者に快適な移動と感動体験を提供する「Carstay(カーステイ)」駐車場予約サービス開始
アプリ&o2o市場情報

旅行者に快適な移動と感動体験を提供する「Carstay(カーステイ)」駐車場予約サービス開始

のイメージ
Carstay株式会社は、駐車場・空き地を貸して収益化したいホストと、快適に車中泊・テント泊をして、車旅をもっと楽しみたい旅行者を繋ぐ、日本初のシェアリングサービス「Carstay(カーステイ)」を開始するとのことです。

Carstay(カーステイ)の概要

近年、アウトドアレジャーの人気の高まりにより、日本のキャンピングカー台数は10年で2倍になり、また、旅行やレジャーを目的に車中泊を経験したことがある人の割合は4割を占めるまでになりました。一方、車中泊経験者の過半数が、宿泊拠点の環境や設備に課題を感じています。さらに最近では、道の駅での車中泊は社会問題化しており、早急な対策が求められています。そこでCarstay株式会社は、旅行者が安心して車中泊・テント泊が出来る場所を提供するために、宿泊可能な駐車場や空き地を持つホストとマッチングが出来るシェアリングサービス「Carstay(カーステイ)」を開始しました。訪日外国人にも車旅を楽しんでもらうために、多言語でのサービス提供をするとのことです。

Carstay(カーステイ)の機能

Carstayのリリースは2019年1月を予定しているとのことです。公開予定の機能は、主に下記5つとなっています。

①Carstayマップ
②ホスト施設の検索
③駐車・体験のオンライン予約決済
④予約情報の管理
⑤ホスト施設や地域の魅力を伝えるWebメディア

現在は、ナビゲーションが可能なCarstayマップの一部を公開し、約500箇所の車旅にオススメのスポットを日本語・英語の2言語で紹介しています。

Carstayが解決出来る地域課題

Carstayは以下の3つの地域課題を全てクリアしていくとのことです。

①宿泊施設不足:お祭りやイベント等により、一時的に宿泊施設が不足する地域において、Carstayを導入することにより、安価&スピーディに宿泊場所を増設することができ、宿泊施設不足を解決できます。
②インバウンド集客:多言語対応・海外PRにより訪日外国人を集客することが出来ます。外国人ドライブ観光推進協議会会長の原氏によれば、ドライブ観光客の地域観光消費額(宿泊・レンタカー代除く)は1日6300円/人にのぼることから、訪日外国人の長期滞在化による、地域消費拡大を図ることが出来ます。
③キャッシュレス対応:オンラインによる予約決済・管理サービスを、ホストはシステム導入費用無料で利用出来ます。そのため、施設オーナーの負荷軽減と、旅行者の快適な決済環境の整備に繋がります。

今後の展望

Carstay株式会社は、MaaS(Mobility as a Service)プラットフォームの提供を行うとのことです。まずは、車中泊拠点の増設と車旅情報の発信を行うことで、旅行者と地域の接点をつくり、今後は、事業会社・自治体様との連携を通じて、旅行者の快適な移動と感動体験をデザインし、順次、iOS / Androidアプリもリリースを予定しています。Carstayは、2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京五輪、そしてその先に日本が観光立国となる上で、旅行者と地域の架け橋となり、双方の笑顔を生み出すサービスとなることを目指すとのことです。

参照元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000037615.html
===================================
アップカプセルラボを運用している「GMOアップカプセル」は、
店舗や施設などの集客や販促活動を
アプリ作成&コンサルティングでサポートしています。

「アプリが欲しい!」「こんなことできる?」など、
少しでもご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。
===================================
 


こちらの記事が役立ったら「いいね」をしてね!
 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【GMOアップカプセル】:https://アップカプセル.com/
【GMOアップカプセルPRO】:https://アップカプセル.com/pro/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
すべての人にインターネット
関連サービス