1. GMOアップカプセル ホーム
  2. GMOアップカプセル・ラボ
  3. アプリ&o2o市場情報
  4. 内定者獲得もアプリが有利?新卒採用アプリに注目!
アプリ&o2o市場情報

内定者獲得もアプリが有利?新卒採用アプリに注目!

のイメージ
「集客」アプリの用途はこれまで店舗や施設・観光など、その最終的な目標ACは購買やサービス利用であるものが多くありましたが、最近では就職選考の内定者確保に向けて、そのPRの中心にアプリを採用する企業も増えています。

採用アプリが増える背景

年々就職活動が早期化する中、経団連の定める「採用選考に関する指針」に基づき、採用広報の開始時期は卒業前年度末の3月~、採用活動(内定)は6月以降~と、具体的な時期が定められています。しかし、実際には採用サイトの「プレオープン」や、「1dayインターンシップ」といった形で学生とのファーストコンタクトはより早く、より深いものへと変化を遂げています。先手先手での仕掛けが母集団形成の近道ともいえますが、早期に母集団形成に成功しても採用のグランドオープンまでに「取りこぼし」が発生してしまうことがあります。そんな状況の中で、いかに学生との距離感を近づけ、エントリーに結びつけるかが新卒採用の一つの課題であるともいえます。

スマホの普及がアプリ活用のきっかけ

スマートフォンの普及により、必要な情報へのアクセスの仕方は劇的に変化しました。以前のように検索→サイト訪問→ブックマーク、という流れから、SNSやアプリを通じて情報にアクセスするケースが増えたことで企業と学生のコミュニケーション方法も変化を見せています。特に、アプリについては年々インターネットアクセスにおけるシェアを拡大しており、ユーザーの生活導線に確実に根付きつつあるアプリに「面」を持つことは、かつて20年以上前に起きた「インターネット利用が増えているから、自社のサイトを持つことが重要」という当時の状況に近いものといえるでしょう。

「採用アプリ」コンテンツ事例

「採用アプリ」ゆえに原則は採用サイトと同じコンテンツ構成となりますが、アプリならではの機能により、多くの学生に目に触れるよう工夫がなされているケースが多くあります。事業紹介やオフィス紹介などのコンテンツは、動画を用いて視覚的にわかりやすく説明がなされており、また、社員紹介などのコンテンツはアプリ内で取得するアンケートの回答により、「エンジニア志望」「営業志望」など、希望職種によってプッシュ通知が届くなどの工夫が施されています。ブラウザのブックマーク経由で積極的にアクセスする、というスタイルが減っている現在において、プッシュ通知を用いた能動的な情報発信は非常に重要といえます。
また、当然のことながら正式エントリーフォームが含まれており、エントリーに至るまでの学生の期待値を高め、離脱を防ぐという意味合いが採用アプリに求められていることがわかります。

まとめ

少子化の背景も踏まえると、今後母集団形成にかかわる就活生の獲得はより熾烈なものとなり、単純な分母の増加だけでなく、分子であるエントリー数の確保すなわち「取りこぼし」の抑止にもこれまで以上に注力することが求められるでしょう。その中で、採用情報に特化した企業アプリの存在は学生とのリレーション強化に威力を発揮するものです。「GMO集客アップカプセル」では、こうした採用広報上のニーズにこたえ「GMO集客アップカプセル for Recruit」という名称にてパッケージ化いたしました。詳細資料は以下よりご覧いただけます。ぜひダウンロードしご確認くださいませ。

ダウンロードはこちら
===================================
アップカプセルラボを運用している「GMO集客アップカプセル」は、
店舗や施設などの集客や販促活動を
アプリ作成&コンサルティングでサポートしています。

「アプリが欲しい!」、「こんなことできる?」など、
少しでもご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。
===================================
 


こちらの記事が役立ったら「いいね」をしてね!
 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【GMO集客アップカプセル】:https://アップカプセル.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー