1. GMOアップカプセル ホーム
  2. GMOアップカプセル・ラボ
  3. アプリ&o2o市場情報
  4. 「No.1サーバー」は誰の手に?「S-1サーバーグランプリ」予選に潜入!
アプリ&o2o市場情報

「No.1サーバー」は誰の手に?「S-1サーバーグランプリ」予選に潜入!

のイメージ
日本一のサーバー(ホールスタッフ)を決める大会「S-1サーバーグランプリ」。今年で13回目を迎える、居酒屋・ビストロ・レストランなどのスタッフが全国から集結し、「No.1サーバー」の座を賭けて挑む全国規模の大会です。「アップカプセル・ラボ」では、11月9日に行われた東京西部エリア二次審査の会場に潜入!地区大会進出の切符を巡る熱いパフォーマンスが繰り広げられました。今回の二次審査は、「GMOアップカプセル」が数々の飲食店様の集客・販促のサポートをさせて頂いているというご縁から、アップカプセル・ラボのタニウチが審査員を務めました。タニウチのコメントと併せて当日のレポートをご覧ください!

当日の様子をご紹介!

二次審査に進んだのは、各店舗の店長・エース約40名。午前と午後に分かれ、それぞれの参加者が3つの課題を行います。
まず1つ目の課題は、1分間の中でサーバーが自己紹介を行います。テーマはズバリ「『あなたのお店に行って、あなたに会いたい』と思える自己アピールをしてください」というもの。笑顔をふりまいたり、大きな声で精一杯自己アピールしたり、工夫を凝らした自己PRが続きます。中には思いが溢れすぎて1分を超えてしまう参加者も…。
そして2つ目の課題は「シチュエーション審査」と呼ばれる、3分間のロールプレイング形式。満員の店内という設定の中、「お客様同士のトラブル」「アクシデント」など、それぞれのシチュエーションに適切に対応し、きちんと顧客の要望に応えられるかが問われます。こちらも、丁寧な対応で信頼を勝ち取る参加者、巧みな話術で場の雰囲気を変える参加者など、それぞれのアプローチで課題に対処していきます。
中には「代金をすべて小銭で支払うお客様にどう対処するか」という無理難題も…。賑わう店内でいかにスピーディに、いかに適切に対応するかが問われる課題といえます。
そして3つめの審査は、ふたたび1分間のスピーチ。今度は「あなたが、お客様にまた来ていただけるように心がけていることは何ですか?」というお題で、それぞれの取り組みを参加者が語ります。
これら3つの課題に対し審査員・一般来場者による採点がされ、地区大会への進出者が決まります。

戦いを終えて

全ての審査が終わると、緊迫した空気から解放されたからか涙する参加者や、仲間たちと談笑する参加者など様々な様子が見られました。また、異なる企業・店舗間の参加者同士でも、以前の大会・審査で顔を合わせていたのか、仲良く会話する光景も。最後は記念撮影を終え、お互いの健闘を称えました。
既に11月13日に地区大会進出者が発表されたS-1サーバーグランプリ。今後の戦いにも大注目ですね!

審査員を務めてのコメント

今回の東京東部エリア二次審査においては、アップカプセル・ラボのタニウチが審査員を務めました。今回は、そのタニウチからのコメントをお届けします。

「参加された全てのサーバーの皆さんの熱意を感じながらの審査でした。お店のコンセプトを超えた、一人ひとりに個性があり、どの方もまた会いにいきたいなと思える高い接客技術だと思いました。全国ナンバーワンのサーバーを巡る熱い戦いはこれからも続きますので、ご興味のある方はぜひご覧いただきたいと思います」

※S-1サーバーグランプリ公式ホームページ
http://hanjyoten.org/
===================================
アップカプセルラボを運用している「GMOアップカプセル」は、
店舗や施設などの集客や販促活動を
アプリ作成&コンサルティングでサポートしています。

「アプリが欲しい!」、「こんなことできる?」など、
少しでもご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。
===================================
 


こちらの記事が役立ったら「いいね」をしてね!
 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【GMOアップカプセル】:https://アップカプセル.com
【GMOアップカプセルPRO】:https://アップカプセル.com/pro/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
すべての人にインターネット
関連サービス