1. GMOアップカプセル ホーム
  2. GMOアップカプセル・ラボ
  3. アプリ&o2o市場情報
  4. スマホアプリから利用可能な「相乗りタクシー」の実証実験を都内で開始!
アプリ&o2o市場情報

スマホアプリから利用可能な「相乗りタクシー」の実証実験を都内で開始!

のイメージ
国内最大級のタクシー配車アプリ・全国タクシーの開発・運営を手がけるJapanTaxi株式会社が、国土交通省の相乗りタクシーの実証実験に参加するための公式アプリ「相乗りタクシー」(iOS限定)をリリースしました。実証実験は1月22日~3月11日のおよそ2カ月間実施されます。配車エリアは東京23区と武蔵野市、三鷹市。参加台数は日本交通グループのタクシー300台となります。

同乗者の検索、配車、決済がアプリで完結

相乗りタクシーアプリには、「同乗者検索機能」「タクシー配車機能」「支払い機能」を搭載。相乗りする際、ユーザー同士で割り勘料金の相談や、誰かが代表してタクシーを手配したりなどの面倒なやり取りは不要です。また、タクシーに乗車する際も、後部座席と助手席で別れて座るようになっているため、ユーザー同士でコミュニケーションをする必要もないとのことです。

3つの機能の詳細

1.同乗者検索機能
「乗車地(タクシーに乗りたい場所)」「降車地(タクシーを降りたい場所)」を指定するだけで、付近にいる同方向への相乗りを申し込んでいるユーザーを検索出来ます。同乗者検索にあたり、設定した乗車地や降車地が離れすぎているユーザー同士や、合理的なルートを算出できない位置にいるユーザー同士では相乗りが成立しないため、通常にタクシー利用するよりも必ず料金が安くなるようになっています。

2.タクシー配車機能
アプリ上で同乗者が見つかり、双方が相乗り条件(お迎え時間や金額)に合意すると、システムが自動で近くのタクシーを手配し、相乗りするユーザーの元へと順番に移動します。タクシーを降りるときもドライバーが声をかけるので、乗り過ごす心配もありません。

3.支払い機能
アカウント登録時に設定したクレジットカードにより、事前に乗車距離に応じて振り分けられた相乗り料金が自動で引き落とされるので、車内で相乗り料金を支払いする必要はなく、平等で適正な価格が双方に請求される仕組みとなっています。領収証については、乗車後にメール送信されるので、ビジネスシーンでも利用可能です。

また相乗りタクシーは、ヴァル研究所、NTTドコモ、ナビタイムジャパン、日本航空の4企業とパートナーとしてサービス連携し、終電後などの交通手段としての利用促進や、ポータルサイトからの利用促進などを行っていく予定とのことです。

http://urx.blue/Ie6p

まとめ

今回の実証実験が成功すれば、消費者にとってもタクシーの利用料金が「割り勘」になり、運賃が安くなるためにタクシーを利用しやすくなるかもしれません。当面は、空港や子供の塾の送迎、決まった病院通いなど同じ目的を持ったユーザー同士が乗り合わせる場合など、需要が集中しているケースに限られる可能性が高いかもしれません。また、見知らぬ人との乗り合いに抵抗感を持たれないかが課題となりそうです。
===================================
アップカプセルラボを運用している「GMOアップカプセル」は、
店舗や施設などの集客や販促活動を
アプリ作成&コンサルティングでサポートしています。

「アプリが欲しい!」「こんなことできる?」など、
少しでもご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。
===================================
 


こちらの記事が役立ったら「いいね」をしてね!
 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【GMOアップカプセル】:https://アップカプセル.com/
【GMOアップカプセルPRO】:https://アップカプセル.com/pro/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー